次のページへ


▲佐々木さんご夫妻と収穫した野菜


▲佐々木さんの野菜畑
秀じいの堆肥家庭菜園をはじめて1年目なんですが、畑は家を新築し宅地造成した土地で、当初入れた土が悪く「これで野菜つくりが出来るんだろうか」との思いがありました。
そんな時ラジオCMで『秀じいの堆肥』の事を知り、まずは土つくりからと思い『秀じいの堆肥』40L入りを、90坪の土地に75袋と大量に入れました。
ところが収穫した大根、人参、白菜、ねぎ、どれもすばらしい出来ばえで、ご近所や友達にあげてもとても美味しいと喜んでもらって、“スーパーではなかなか売ってない本当の野菜の味がする”とか、“佐々木さんのとこだけなんでこんな良い物が出来るんだろう?”とかおっしゃる方もいて、野菜つくりが本当に楽しくなってきました。
これからも『秀じいの堆肥』で、季節の野菜は自給自足で美味しいものが食べられそうです。
『秀じいの堆肥』を使いだして2年目になります。従来のものと対照区をつくりねぎを栽培したんですが、秀じいの堆肥施用区は根腐れがなく、生育が早いし収量は2割ふえました。
育苗にも市販の培土に3割混ぜて使いましたが、発芽、根量ともに良かったですね。
私は土壌消毒は一切していないので土つくりの基本となる堆肥は、植物系の良質なものを使っていきたいと思っています。


『秀じいの堆肥』をガーベラに使ってるんですが、収穫してからの花の日持ちが伸びましたね。
やはり水持ちが良くなり、根張りが今までとは違うので花がしっかり出来ているんでしょう。
ガーベラは収穫期間が長いし堆肥は良質なものをと思い自分で作ったりしていたんですが、材料集めや切り返しなど、また、労力的に考えても市販の堆肥で良い物があればと思い、いろいろ試してみたんですが、納得出来る物がありませんでした。
この『秀じいの堆肥』を使って私は、市販の堆肥でこれだけの物はなかなか無いと思っています。
次のページへ


Copyright © 2005 Shuei. All Rights Reserved.